Ammo vol.5「ノスタルギヤ」アフタートーク司会してました。

現在公演中の、
Ammo vol.5「ノスタルギヤ」
日暮里d-倉庫にて、12日まで

初日と2日目の、アフタートークの司会をさせていただきました。

1日目は、作品の主人公(今回は谷中恵輔さんが演じてます)のモデルにもなっている写真家、ノンフィクションライターの宇都宮徹壱さん。
b0146866_00431486.jpg
主宰の南氏と宇都宮さんと私。

そして2日目、お写真は撮り損ねてしまったのですが、国際ジャーナリストの千田善さん。
千田さんはオシム監督の通訳などもされており、作品の舞台であるユーゴスラビア地域研究の日本の第一人者でもあります。


こんな、、すごい方お二人のトークをわたくしの拙い司会で進めさせていただきまして…光栄至極でした。
そもそもですね、なぜ私が呼ばれたのかは私もよくわかっていないんですが、
単純に、南慎介氏の作品はMinami Produceで何度か一緒にやってるのもあり、まあ仲良しなんですけども、
私恥ずかしながら、サッカー始めスポーツのことはほんとにぜんぜん知識がないので呼ばれたんだと思うんですよね。
(トーク聞いてた方はお分かりかと思いますが…)
なので、サッカーわかんなくて観に来てくださった方にもトークが少しでもわかりやすくなるように、のお手伝いが出来てましたら、、幸いです。。。

というわけで私の今年の目標に、
スタジアムにサッカー観戦に行く
が加わりました。
どうも、スタジアムとかドームとか、ライブで行ってばかりなので、そうでないスタジアムデビューをしたいです。
周りによく考えたら好きな人多いんだから。連れてってもらおう。

今回これでいろんな方に、
ぜひ行ってみてください!
って言っていただけて。私自身も今、とても興味が湧いているので、これを逃さず勧めてもらった映画や本なども含め、今集めている最中なんですけど、
これって本当、何であっても同じというか、
私はよくライブとか音楽フェスとか、クラブでDJさせてもらってるから、そういう場所が音楽やその人を知らなくても楽しめる場所だし、怖くないよ(選んだ方がいいものもありますけど)と思ってるんですよね。
美術館とかもそうかな。

こうして演劇が自分の知らない世界を知るきっかけになったのがすごく嬉しいから、
私と同じくスタジアム行ったことないのよ、って方は行ってみようよ!って思うのと同時に、
なんだってそうなんだよ!きっと!!知らないもの知るのたのしいじゃないか!知ってほしいもの私もある!
と強く感じました。

「ノスタルギヤ」は、ユーゴスラビアのサッカーの話です。
ですが、全然、今の日本に住んでいる私たちにとって遠い話ではないと思っています。
サッカーやユーゴのことを知ってほしいというのももちろんですが、それだけじゃない作品だと思います。


私は2日間だけでしたが皆さまお世話になりました、
ご来場いただいた皆様もありがとうございました!
12日千秋楽はお席が僅かとのことですが、当日券は出るのでは、と思いますので、良かったら是非行ってみてくださいませ。
b0146866_01005098.jpg

b0146866_01005401.jpg


[PR]
by mai_141 | 2018-02-11 00:40 | 舞台 | Comments(0)

役者・石井舞のブログ お仕事のご依頼はquickhak.mai141☆gmail.comまで(☆を@に変えてお送りください)


by mai_141